読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるふぁの株式投資

グレアム流バリュー投資の実験記録。16.4.11にスタート。ギャンブルではなく、堅実な投資を目指す人向けのブログ。

結局、元の場所に戻りそう。色々調べてみて思うことなど

東北新社が5%以上値下がってたので買足し。ポートフォリオの20%分保有してる大本組が5%評価損でてるので、全体としてもこの分赤字。買った事そのものがやや不安な地銀3行(富山第一、八十二、伊予)はとりあえず評価益まで戻しました。ずいぶん値動きあるのでまたどうなるか知らないですが。

最近は新しい購入先候補の調査ばかりしていたのですが(まだ途中)、ちょっと思う事など書きます。

とりあえずPBR0.5以下は全部見ました。しかし魅力的な株は見つからず。大本組ほどに安くて、多少は期待が持てるものは無いようです。こちらの購入余力が大量にあって分散前提でなら買ってみてもよさそうなものはいくつか有りました。PBR0.6以上になると大体が清算価値以上の値段なので、どうしても将来の見通しらしきものを考える必要があります。例えばROEが20%でPBR3.5倍のIT企業、誰もが知ってる有名企業がROE6%でPBR2.5倍、もっと微妙な例としてはROE3%でPBR0.8倍といわれた場合です。稼ぐ力があるか、優良企業で有り続けるかはある程度予想できますが、投資対象としてどうかは別問題です。

有名人のサイン入り色紙を一枚1万円で買うのか、ただの色紙を一枚10円(売値12円)で買うのかの違いと私は考えています。ただで貰えるならサイン入りの方が欲しいですが、購入となれば話は別。全ては値段とその有名人によります。

価値の評価は本当に難しいです。欲しい情報も手に入りません。加えてややこしいのは株式市場が勝手に過大評価と過小評価を繰り返しているという事実です。四半期の数字やちょっとしたニュースで大きく株価は揺れます。つまり市場は(多くの投資家は)本当の価値など考えていません。仮に人気企業の株を買い儲けたとしても、ただの過大評価の波に乗っただけかもしれず、いつ突然下落するかもわかりません。

私に企業の評価能力がない以上、色紙を10円で買う当初の小銭稼ぎに徹しようと思います。もちろん企業は色紙ほど単純ではないので、かなりの分散は必要にはなりますが。

にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加してます。応援よろしくお願いします。m(_ _)m

Copyright (C) 2016-2030 あるふぁの株式投資 All Rights Reserved.