読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるふぁの株式投資

グレアム流バリュー投資の実験記録。16.4.11にスタート。ギャンブルではなく、堅実な投資を目指す人向けのブログ。

茶番劇

トランプショックの翌日に、下落分以上に急上昇するという不思議な週でした。私のPFもここ最近では最高額になっています。もっと下がったら今度こそ買い足そうと思っていたのですが。

株価には何の意味も理由もないので、こういうことが時折起こります。つまり、ある時30パーセント暴落して数年戻らないことも、逆に数年にわたり年30パーセント上昇し続けることもあるということです。もちろん何の正当な理屈もなく。

自身にとって十分に安値なら買うし、高値なら売る、そのためだけに利用するものとしっかり理解する必要があります。

信用取引の一番の怖さは、株価に実際的な力を与え、証券会社に主導権を奪われることです。株価が急変動したら、有無を言わさず損切りされます。そのまま待っていれば大儲けできていたとしても、明らかに不当な株価だと確信していたとしても関係なくです。

家族などから長期で借金をして投資するのとは全く違う話なのです。そういった借金なら、評価損が最大のところで損切りを強制されませんから。

 

大本組の決算がかなり良かったので、今後しばらく楽しみです。数年に渡り収益がマイナス、または少ないなら低評価も一応わかる気もするんですが、大本組に関してはここまで安値な理由がさっぱりわかりません。この1か月ほどはゆっくり上昇してはいますが。

後学のために、どなたか理由がわかる方教えていただけないでしょうか?

にほんブログ村 割安株
人気ブログランキング 長期投資
Air Ranking 株式投資
ランキングに参加してます。応援よろしくお願いします。m(_ _)m

Copyright (C) 2016-2030 あるふぁの株式投資 All Rights Reserved.